優遇を受けられる投資家~エンジェル税制~

2004-10-12

 エンジェル税制の優遇税制をうけるためには、投資家は、

  1. 投資契約を締結していること、
  2. 金銭の払込により対象となる企業の株式を取得していること

 という2つの条件を満たす個人でなくてはなりません。
 通常、株式投資(増資の引受け)というと出資金を払い込むので、2の条件は満たします。1についても特に心配は要りません。投資契約書は発行会社が用意します。内容を確認して署名・捺印するだけです。(投資契約に記載すべき内容や雛形は経済産業省のHP(http://www.meti.go.jp/policy/newbusiness/angelflow.htm)からダウンロードすることができます。)
 なお企業の主要株主(オーナー)等は優遇税制を受けることはできません 。具体的には、ベンチャー企業が同族会社である場合に、同族会社の判定の基礎となる株主グループ(その会社の上位3位までの株主グループ(個人及び親族等)に属している投資家は優遇を受けることはできません。企業の主要株主は、投資家というより事業主自身であることから、優遇を受けることができないことにしたのだと思われます。

Similar Posts:

Copyright(c) 2010 GloBalance Co.,Ltd All Rights Reserved.